顧問先の(株)FUJIジャパンさんがアンビシャス市場に上場!

「ハッピーエンド創造企業」を標榜し、外壁材製造・販売の株式会社FUJIジャパン(本社:札幌市中央区)が2018年12月13日、札幌証券取引書の新興企業向け市場アンビシャスに上場いたしました。私たち、法務・会計プラザが法務と会計を担当している会社です。加えて、プラザのグループ企業であるDサポート(株)の清水祥行さんが社外監査役を務めています。

 

FUJIジャパンは2005年設立で、一般住宅向けのオリジナル外壁材の製造から販売(卸)または施工(リフォーム)まで、一貫して手がけている会社。北海道を中心に、仙台・横浜などで4千棟の以上の実績があり、お客様宅への直接訪問による販売と、その後のお客様アンケートの回収率の高さに特徴があります。社長の佐々木忠幸さんは、ナレッジプラザ主催の「北海道西田塾」の第1期生として一緒に学んで成長してきたお仲間。

 

同社では今後、関東地方などでの拠点拡充に向けてスタッフを増やしていく予定があります。佐々木社長は「商品力や技術力、人間力を磨き、全国に通用するような会社にしたい」と今後の抱負を述べています。

 

(株)FUJIジャパン(公式サイト)
札幌証券取引所(公式サイト)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です