皆さんこんにちは。

札幌大通では、ここ数年、地上も地下も大規模な開発が行われています。

2011年に出来た地下歩行空間や、北洋銀行本店でもある大通ビッセなど、どんどん現代風のお洒落な環境が整ってきています。

大通西4丁目の地下鉄出口も、地下歩行空間に繋がる大きな出入り口にするため、現在大きな穴を空けて工事が進行中です。

今、法務会計プラザの事務所の窓からは、その工事の様子を見ることができます。

人の行き交う、のどかな大通公園の一区画が区切られ、そこに大きな空洞が開き、何本もの赤茶色の巨大な鉄骨が顔を覗かせているのを見ると、まるでトリックアートでも見ているような気分になります。

完成すると、ガラス張りの出入口ができ、地下は少し広めのスペースなるようで、大通地下空間は、改装が進むたびにどんどん清潔に、綺麗になっていき、華やかさを増しています。

しかし僕には、改装の合間に姿を見せた、その大都市を支える無機質で無骨な鉄骨も、また妙に美しく見えるのです。