佐藤等公認会計士事務所代表の佐藤等さんが月刊『致知』に「仕事と人生に生かすドラッカーの教え」という連載をスタート!

人間学を学ぶ月刊誌『致知』(致知出版社)は書店売りをせず、定期購読のみで読まれている知る人ぞ知る雑誌です。その数、12万名。稲盛和夫さんや王貞治さんなど、各界のリーダーたちが愛読されている雑誌だそう。この月刊誌に佐藤等公認会計士事務所所長の佐藤等さんが連載を開始されました。

新連載のコーナーは「仕事と人生に生かすドラッカーの教え」。ドラッカー学会理事として寄稿しています。コーナーは見開き2ページ。第1回目の連載は「人の成長のために働かないかぎり、自ら成長することはない」という『現代の経営』本の中にあることばを紹介しています。組織は人を成長させる道具である。成長とは自らの強みを生かすことである。真の成長は人として大きくなることである。ドラッカーのことばをひいた小見出しがつけられています。連載は2019年1月1日発行の「2月号」から。これを機会に人間学を学ぶために、『致知』を定期購読されてはいかがでしょうか。年間購読料金は、1年間10,300円です。

関連記事・リンク

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です