【社会保険労務士ってどんな仕事?札幌市では、どこの誰に、なんて頼めばいいの?頼み方 事例も伝授!】

社会保険労務士とは

社会保険労務士とは、「社労士」と略されることもある国家資格です。

労働基準法や労災保険法、労働安全衛生法や雇用保険法、健康保険法をはじめとする労働や社会保険にまつわる法律の専門家であり、「雇用・労働のプロ」と言えるでしょう。

社会保険労務士は、企業において欠かせない「人材」の採用から退職、それに伴う社会保険手続きなどを主に扱っています。

仕事中や通勤中に怪我や障害を負ってしまった時の「労災保険」、仕事を辞めた際の「雇用保険」、老後に受給できる「厚生年金」といった労働保険・社会保険は、企業に属して働く労働者の安心を担保してくれます。

専門的な知識のない経営者や労働者に代わって、社会保険労務士がこういった保険の手続きを行うことで、労働者は安心して働くことができているのです。

また、社会保険労務士は、国民年金に関する唯一の国家資格でもあります。企業における労働者の年金手続きはもちろん、老齢年金や障害年金、遺族年金といった一般の方の悩みに対応することもあります。

近年は、労働にまつわる諸手続きの代行や書類作成といった業務だけにとどまらず、労働問題におけるコンサルティングを請け負う社会保険労務士も珍しくありません。

企業の発展のために労働環境をより良いものにしようと考え、従来の枠組みにとらわれず柔軟に活躍する社会保険労務士が増えているのです。

 

主にどんな仕事?

社会保険労務士の主な仕事は、以下の3つです。

 

・書類の作成や手続き業務

健康保険や雇用保険、労災保険の加入・喪失の手続きや給付手続き、労働者名簿や賃金台帳の作成、助成金の申請や就業規則の作成、給与計算などが挙げられます。

これらの業務は、社会保険労務士でなければ行うことができません。

 

・労働問題のコンサルティング業務

「雇用・労働のプロ」である社会保険労務士において、近年増えている仕事です。社会保険労務士は労働や社会保険にまつわる法律の専門家であるため、労働問題に対して有効なアドバイスを行うことを期待されています。

例えば、ハラスメントや残業といった労働トラブル、メンタルヘルス対策や社員教育、人材採用や人材教育といった企業の悩みにおいて、サポートを行っています。

 

・年金の相談業務

こちらは、企業における厚生年金の手続きではなく、個人に対する相談業務を指します。国民年金に関する唯一の国家資格である社会保険労務士は、各々の事務所や年金相談センターで、年金に関する相談業務を受け付けています。

 

どんな課題の人がだれになんて頼めばいいの?

以下のような課題を抱えている会社は、社会保険労務士に相談することをおすすめします。

 

・労働保険や社会保険手続きを専門に行う従業員がいない

・労災や傷病手当の手続きを頼みたい

・毎月の給与計算に手間取る

・助成金の手続きが分からない

・就業規則を作りたい、改訂したい

・雇用契約書を作りたい、改訂したい

・賃金や退職金といった制度を構築したい

・ハラスメントや人事のトラブルについて相談したい

・メンタルヘルス対策をどのように行えばいいのか分からない

 

また、企業だけでなく個人で年金問題について悩みを抱えている場合も、社会保険労務士に相談することで解決に導いてくれるでしょう。

 

法務会計プラザからのご紹介!【片山社会保険労務士事務所は、こんな強みでこんなサポートをしてくれる】

 

・これまでの実績、成果

片山社会保険労務士事務所では、いち早く電子化に取り組んでいます。

例えば、手続き業務用のメールアドレス宛に送った情報は、担当者やサブ担当者に同時に共有されるため、申請漏れがありません。FAXにおいてもPDF化して管理しているため、過去のFAXの内容を検索して参照することが容易です。

社会保険の資格取得手続きにおいても、電子申請で行っています。そのため、従来のように紙の申請書で手続きを行うよりも格段に早く、健康保険証を届けることが可能になりました。

また、片山社会保険労務士事務所では、事務手続きの打ち合わせにおいて担当者にストレスがないよう工夫しています資格取得・喪失時、各種給付申請のフローチャートを作成しているため、手続きの流れや行うべき事柄が一目瞭然です。

退職者に対しては、雇用保険や健康保険加入といった諸手続きについて、説明書を含めた一式を渡すようにしています。何か不明な点があれば、退職者本人から片山社会保険労務士事務所へ連絡があれば対応できるため、担当者の負担になりません。

 

・強み、スタイル、考え方

片山社会保険労務士事務所は、以下のような行動基準を定めています。

・私たちは、お客様のために、迅速・正確・丁寧・信頼をモットーに仕事を行います。 

・私たちは、お客様のために、理想とする職場づくりの実現に向けて、行動します。 

・私たちは、働く仲間のために、意欲と働き甲斐のもてる最良な労働環境を創ります。 

・私たちは、一生懸命に働く人が報われる社会の実現のために、行動します。

 

特に、片山社会保険労務士事務所の強みでもあるスピーディーな処理に欠かせない「電子化」、正確で丁寧なサポートに一役買う「フローチャート」や「退職書類一式」に、この行動基準が示されています。

近年話題のテレワークの導入も早く、時代の流れを汲んだ柔軟なスタイルの事務所と言えます

 

・会社の基礎情報

片山社会保険労務士事務所は、片山展成所長によって1997年に開設されました。

2000年に札幌に移転してからも、LMP(Labour Management Partners)の設立や、社労士開業塾“光”の開講など、北海道における労務問題において精力的に取り組んでいます。

人事評価制度構築支援、賃金制度構築支援、労働社会保険各種手続、給与計算業務、就業規則作成業務、是正勧告対応業務、労務相談業務を主な業務としています

 

頼み方事例伝授!

頼み方は、問合せフォームにて、

【給与計算をお願いしたい】

【人事評価や賃金制度について相談したい】

と伝えるだけ!

問合せフォームはこちら

会社名 片山社会保険労務士事務所
住所 〒060-0042 札幌市中央区大通西4丁目 道銀ビル7階
電話番号 011-218-2237
メールアドレス gyoumu@office-katayama.biz
営業時間 平日 9:00~18:00
但し、クライアント様につきましては随時対応
ホームページ http://www.office-katayama.biz/
The following two tabs change content below.
法務・会計プラザ

法務・会計プラザ

法務会計プラザ 基本アカウント

法務会計プラザ 基本アカウントは、法務会計プラザの基本理念(http://hk-plaza.co.jp/?cat=7)に沿って、構成員と関わる全ての方々に貢献できる法務と会計に関する情報をお届けしたいと存じます。

・複数のスタッフにて発信しています。投稿した内容についてのお問合せ、ご意見、ご相談は法務会計プラザ・メディア委員までお気軽にご連絡ください。

・担当:法務会計プラザ メディア委員 今井 直通メール pikorabo@gmail.com
・法務会計プラザ 受付(011-222-5355 平日 9:00~18:00 (土日祝定休)に、【ホームページ内容の件で上記担当に取次ください】とお伝えください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です