優先的地位濫用と下請法規制の新展開

『ビジネス法務』2020年7月号の「特集」は「変化を捉え、適切な社内体制を構築する〜優先的地位濫用と下請法規制の新展開」です。公取委による「優先的地位の濫用」の適用場面が広がりを見せています。優先的地位の濫用は分野横断的に取引の「公正性」を追求・実現することができる一方、何が「違反行為」となるかが明瞭でなく、対応に迷う企業担当者も多いと聞きます。本特集では優先的地位の濫用規制につき、過去の審決・判例、近時の国内外の執行動向を整理し、企業担当者として持つべき社内体制整備の視点を紹介します。

>【ビジネス法務】優先的地位濫用と下請法規制の新展開

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です