【ビジネス法務】コロナ下における雇用調整・人員整理の実務

『ビジネス法務』2020年10月号の「特集2」は「コロナ下における雇用調整・人員整理の実務」です。その中で、「雇止め〜『不更新合意』の効力をめぐる近時判例の考え方」が寄稿されています。有期雇用における労働者の人員整理手段として「雇止め」があります。これは契約期間中の合意契約(希望退職募集など)や、使用者による一方的解約(解雇)のほか、期間満了時に、契約を更新せずに雇用終了とするものです。労働契約法19条には「雇止め法理」が定められています。この法理に関して近時判例からの解説がなされています。

【ビジネス法務】コロナ下における雇用調整・人員整理の実務

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です