【ビジネス法務】「ギフトコンプライアンス」のルール整備と実務ポイント

『ビジネス法務』2021年1月号の実務解説は「『ギフトコンプライアンス』のルール整備と実務ポイント」です。
近年、IRに関する国会議員の贈収賄事件や関西電力の金品受領問題をはじめとする贈答・接待饗応に世間の関心が集まっています。
贈答・接待饗応については、一歩その取り扱いを誤れば、重大なコンプライアンス上の問題に発展するリスクをはらんでいます。
そこで今回は贈答・接待饗応に関する、いわゆる「ギフトコンプライアンス」について改めて検討・解説がされています。

>【ビジネス法務】「ギフトコンプライアンス」のルール整備と実務ポイント

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です