【ビジネス法務】賃料減額・猶予への法的アドバイスにより倒産回避を


『ビジネス法務』2020年10月号の「特集3」は「事業再生・倒産回避の弁護士視点」です。新型コロナウィルス感染症の影響により、さまざまな業種の売上が急激に減少しています。売上がなくても、従業員の給料、店舗や事務所の賃料など、いわゆる「固定経費」の支出は必要になります。しかし、入金がなければ、再び入金が戻ってくるまでの間、資金繰りを維持するために資金調達をし、支出を抑制する必要があります。本稿では、筆者が実際に取り扱った顧問先の事例をもとに、弁護士ができる事業継続のアドバイスについて解説がなされています。

>【ビジネス法務】賃料減額・猶予への法的アドバイスにより倒産回避を

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です