司法書士からのアドバイス!借金問題解決の第一歩、家計のムダをなくしてみよう

 

借金問題に陥らない一番いい方法は、ご自身の支出を収入の範囲内に収めることです。
そして、貯蓄をしておくことで、突発的な支出にも耐えられる状況を作っておくことです。
このことは、恐らく多くの方が理解されていると思います。

ところが、借金問題に陥って弊所にご相談頂く方の多くは、支出を収入の範囲に収められていません。
特に、最近はクレジットカードや電子マネーなど、お金を払う時に財布から現金を出す行為が減っていますので、なおさら支出が見えにくい状況が生じやすくなっています。

そこで、ご自身の収入に合った生活を作り上げていくために重宝するのが「家計簿」です。

 

①家計簿をつけて見えてくるもの

まずは1か月(お給料日~翌お給料日前日までが一番良いです)家計簿をつけてみましょう。最近はスマホのアプリでも簡単につけることが出来ます。
家計簿をつけることによって、ご自身が月々の生活でいくら必要なのかが見えてきます。また、普段何気なく支出をしているものでも、実は余計な支出なのではないかと気づくことがあります。気づいたものについては削減していくとその分貯蓄にお金を回すことが出来ます。
家計簿をつけるのは億劫だという方は、まずは1か月間でいいのでレシートをすべて取っておいて、それを見返すだけでも良い方法です。

 

②生活の中で見えてくるもの

家計簿をつけてみて無駄だと思うものは削減していけばよいのですが、家計簿を見てもイマイチ何が無駄なのかが見えてこない場合もあります。
家計簿をつけたら、次は家の中を見てみましょう。
家の中に眠っているものはありませんか?
買いだめしてそのまま使わないでいる食料品やセールの時に買ったものの一度も着ていない服など、特に普段の生活でなくても困らないものは、家計に余裕があるのであれば良いのですが、収支がギリギリ、若しくは赤字の方には良くありません。
家の中にある使わないけど何故か買ってしまったものはリスト化しておくことで、今後同じような買い物をしなくなるだけでも、立派な家計の見直しに繋がります。

 

③明細を見てえてくるもの

携帯電話の料金やクレジットカードの利用の中にもムダが眠っている場合があります。
必要以上に契約しているプランや利用していないサービスなど、削減できるものが眠っているかもしれません。
一度契約してしまい、払い続けている「当たり前」の支出にも目を向けてみるようにしてみてください。

 

④貯蓄は先にする

以上①~③のような方法で、家計を把握して無駄をなくしたら、浮いたお金は貯蓄に回しましょう。この時に、「毎月必要なことにお金を使って余った分を貯金する」と考えるのは、あまりよくありません。いくらきっちりと支出を把握していても、余ったお金があれば使ってしまうのが人情です。
ですので、よく言われることですが「貯蓄を支出化する」ことが重要です。定額の積立貯金・個人版の確定拠出年金・定額の積立投資などを利用して、毎月一定額が強制的に引かれて貯蓄に回されるような仕組みを作ることが重要です。
そして、この貯蓄は、他の支出が引かれる前に最優先で行うことで、貯蓄の金額を引いた残りの金額だけで生活をする習慣が身につきます。

 

 

いかがでしょうか?
このように日常生活の中身を見直すだけで借金問題に陥るリスクを下げることが出来ます。

 

返済に追われてそれどころではないという方
専門家にご相談ください

また、既に借金問題に陥ってしまっている方は、返済に追われてそれどころではないという方もいらっしゃるかと思います。

そういった方は、債務整理をすることで借金の返済を一旦ストップし、ご自身の生活をリスタートしていくことが可能です。
現在返済は何とか出来ている、という方でも早めにご相談頂いた方が良い結果を生むことが多くあります。

 

借金問題でお悩みの方は是非ご相談ください!札幌近郊からも多数お越しいただいています!

無料相談も実施しております。
お気軽にお問い合わせください。

℡:0120-050-316
E-mail:info@hk-plaza.co.jp

 

司法書士法人第一事務所へのお問い合わせ

会社名司法書士法人第一事務所
住所北海道札幌市中央区大通西4丁目1番地 道銀ビル
電話番号011-231-3330
メールアドレスinfo@hk-plaza.co.jp
営業時間平日 9:00~18:00
※メール、FAXは365日24時間受付です。
ホームページhttp://www.tazawa-office.jp/

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です