生前贈与に関する用語を一言でわかりやすく解説したまとめ一覧

生きているうちに財産を無償で渡すことを「生前贈与」と言います。

主に節税対策として行われることが多い生前贈与に関する言葉について、わかりやすく簡単にまとめてみました。

 

【もくじ】

贈与税

相続税

定期贈与

贈与契約書

相続時精算課税制度

名義変更

夫婦間の贈与の特例

暦年贈与

暦年課税制度

連年贈与

負担付死因贈与契約

死因贈与契約

 

 

・贈与税

財産を贈与した際に発生する税金のこと。生きている間に財産を無償で与えることを贈与という。

 

・相続税

遺産を相続した際に発生する税金のこと。基礎控除を超える場合に発生する。財産を持っている人が死亡し、財産を承継することを相続という。

 

・定期贈与

毎年同じ程度の金額を贈与することが決まっている贈与のこと。まとめてひとつの贈与として扱われ、贈与税がかかる場合がある。

 

・贈与契約書

贈与があったことの証明として、贈与者と受贈者との間で作成する契約書

 

・相続時精算課税制度

原則60歳以上の父母または祖父母から20歳以上の子・孫に対して財産を贈与する際に選択できる贈与税の制度

 

・名義変更

土地や建物など不動産を生前贈与する際、不動産の名義を変更すること 登録免許税、不動産所得税、贈与税がかかる

 

・夫婦間の贈与の特例

婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産または居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除である110万円のほかに、最高2000万円まで贈与税が控除される特例

 

・暦年贈与

暦年(1/1~12/31)ごとに贈与すること

 

・暦年課税制度

毎年1月1日から12月31日までの1年間を基準として、その年の贈与によりもらった財産の合計金額に対して税金を課す制度。110万円の基礎控除があり、110万円までは非課税。

 

・連年贈与

毎年連続して贈与を行うこと

 

・負担付死因贈与契約

贈与する人の死亡を条件に贈与契約の効力が発生する契約で、受贈者に対する義務や負担などの条件を加えたもの

 

・死因贈与契約

贈与する人の死亡を条件に贈与契約の効力が発生する契約

 

 

生前贈与は、方法によっては贈与税の申告漏れと指摘されるケースもあります。

そうならないためにも生前贈与に関するご相談は専門家へ気軽にご相談下さい!

無料相談も実施していますのでお気軽にお問合せ下さい。

 

司法書士法人第一事務所 札幌大通遺言相続センター

営業時間平日 9:00-18:00

連絡先 ℡:0120-481-310  E-mail:info@hk-plaza.co.jp

所在地〒060-0042北海道札幌市中央区大通西4丁目1番地道銀ビル7階(法務会計プラザ内)

 

札幌市で遺産相続・相続登記の無料相談はこちらへ

 

 

司法書士法人第一事務所へのお問い合わせ

会社名司法書士法人第一事務所
住所北海道札幌市中央区大通西4丁目1番地 道銀ビル
電話番号011-231-3330
メールアドレスinfo@hk-plaza.co.jp
営業時間平日 9:00~18:00
※メール、FAXは365日24時間受付です。
ホームページhttp://www.tazawa-office.jp/

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です