札幌の司法書士よりメッセージ!新型コロナウイルスの流行に伴い借金返済が困難になった方へ…

新型コロナウイルスが北海道でも猛威を振るっています。緊急事態宣言は解除されましたが、現在も、多くの企業・個人が大きな影響を受けています。弊所でも、時差出勤を臨時的に導入するなど対応に日々追われています。

 

この影響で経済が回らなくなった結果、多くの企業が通常の営業活動を行うことが出来ず、事業継続を断念する企業も出てきています。

 

企業で働く従業員の中にも、就労先が倒産したり、深刻な収入減に陥いる方も出始めています。これにより、現在負担している債務(住宅ローン・自動車ローン・カードローン・クレジットカードのショッピングなど)の返済を、約定通行うことが出来なくなってしまう方も増えてきています。また、さらに深刻に、そもそも生活費の確保が難しい事態に陥る方もいらっしゃると思います。

 

自治体もこの状況を重く受け止めて、生活福祉資金の特例貸付けを開始しました。

http://www.dosyakyo.or.jp/seifuku_shikin/

(北海道社会福祉協議会のホームページ)

 

このような制度融資の利用を検討されている方もいらっしゃると思いますが、注意しなくてはいけないのは、無利子とはいえ「貸付け」であることから、当然返済義務がある点です。

したがって、制度を利用するあたっては、借りた後に「返せるかどうか」を十分に検討する必要があります。

現在債務のない方は、生活福祉資金の返済のために別の借金をして多重債務に陥るリスクや、現在債務のある方であれば生活福祉資金の返済と他の債権者への返済が二重で発生することになり、返済不能に陥るリスクがあります。

無利子という条件は非常に魅力的ではありますが、あくまで借金であり元金を返す義務はあるので十分な検討が必要です。

また、借入金の使途は「生活費」とされているため、現在債務を負っている方(特にカードローンやクレジットカードのショッピングなど)の返済のためには、そもそも貸付けを認められない可能性もあります。

(ご自分の資金使途を偽って貸付けを申し込むことは後々不利益を受ける可能性があるので絶対にやめて下さい。)

 

弊所では、今回のコロナウィルスの影響で、現在負っている借金の返済ができなくなったり、借金返済のために別の債務を抱えて多重債務に陥ってしまう方がたくさん現れるのではないかと危惧しており、これまで多くの借金問題を解決してきた経験を活かして、そのような方のお役に立ちたいと考えています。

 

現在の借金が返せないなど、お困りごとがあれば是非ご相談ください。

一緒に解決法を考えさせていただきます。

LINEでも簡単にご相談予約できます!

勿論お電話、メールでもお受けしております。

司法書士法人第一事務所 北海道借金問題相談センター

営業時間平日 9:00-18:00

連絡先 ℡:0120-050-316  E-mail:info@hk-plaza.co.jp

所在地〒060-0042北海道札幌市中央区大通西4丁目1番地道銀ビル7階(法務会計プラザ内)

 

札幌市での債務整理の無料相談はこちらへ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です