「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」による特別定額給付金を借金返済に充てようとしている方へ

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」による特別定額給付金(以下「給付金」と言います。)として、国民一律10万円の支給が決まり、申請の受付けも始まりました。北海道の東川町では、自治体が金融機関から融資を受けて先払いすることで、事実上給付金の支給が開始したと話題になっています。

 

皆様の状況によって、給付金の使い道は大きく変わるものと思われますが、現在、カードローンやクレジットカードで借金をしている方の中には、「借金の返済」に充てることをお考えの方もいる思います。そのような方の中には、既に新型コロナウィルス感染症の影響により収入が減るなどして、既に借金の返済が難しい状況に陥っている方も多いと思われ、ようやく借金の返済ができるとほっとされている方もいらっしゃることでしょう。

 

しかし、給付金を借金の返済に使ってしまう前に、一度冷静になって考えて頂きたい点があります。それは、「今回の給付金を返済に充てたとして、最終的に借金の完済までたどり着けるか?」ということです。

 

というのも、給付金を借金の返済に充てたてとしても、コロナウィルス感染症の影響が長引くなどして収入が回復しなければ、再び借金の返済が困難な状況に陥ってしまうことは明らかです。今回は給付金のおかげで何とか返済をできたとしても、次回返済が厳しくなったときにも、給付金のような返済に充てられるお金が得られる可能性は低いと考えざるを得ません。

 

そして、最終的に完済にたどり着けないのであれば、今回の返済を何とかクリアするために虎の子のお金である給付金を充てたことが、結果的に無駄になったという考えも成り立ってしまうのです。

 

多くのカードローンやクレジットカードのリボ払いの金利は、年利18%程度です。法律で認められている上限の金利に近い高金利のものが多く、借金の返済を続けても元金がなかなか減りません。また、その利用のしやすさから、カードの利用可能枠が空いたことで、ついまた使ってしまうなど弊害も多いのが実情です。

 

このように、平常時でも、多くの方が考えている以上にカードローンやクレジットカードのキャッシングを完済するのは難しいのです。そして、現在は、これにコロナウィルス感染症の影響による今後の収入の不透明さが加わっているのですから、仮に今回給付金を返済に充ててしのいだとしても、完済までたどり着ける可能性は、平常時よりさらに低いと考えるべきです。

 

したがって、上記のような「一時しのぎ」を避けるために、特にカードローンやクレジットカードの債務が2社以上あって、給料などのご自分の通常のご収入では足りずに、給付金を財源に返済をしなければならないような状況の方は、債務整理を検討すべき段階であると言えます。

 

そもそも今回の給付金は新型コロナウイルスの影響から、生活を守るために給付されるものです。それを借金返済に充ててしまい、その後も借金返済に追われるような生活を強いられるのはとてももったいないと考えます。

 

借金の返済が厳しい状況の方は、この機会にご自身の生活と借金の返済についてよく考える機会にしていただければと思います。そして、ご自身での解決が難しそうだと思われた方は是非ご相談ください。弊所では初回完全無料で借金のご相談をお受けしています。

 

LINEでもご相談予約が簡単にできます!

LINEでの相談予約方法はこちらの記事をご覧ください。 

フリーダイヤル 電話受付時間:平日9:00~18:00
0120-050-316

債務整理に関するお問合せは、お電話またはメールフォームより可能です。
相談料は完全無料ですのでご安心下さい。
メール・LINEでのお問合せは24時間受付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

司法書士法人第一事務所 北海道借金問題相談センターへの無料相談の問い合わせはこちら

 

初めての債務整理で不安な方、こちらのご相談者様からの声をご覧ください。専門の司法書士が皆様のお悩みを解決するお手伝いをします!

北海道借金問題相談センターご相談者様からの声

北海道借金問題相談センター(札幌)運営:司法書士法人第一事務所

 

新型コロナウイルスが原因の借金返済問題解決のための無料相談を受け付けています!!

北海道借金問題相談センターでは、新型コロナウイルスが原因でクレジットカードなどの借金返済が苦しくなった方をサポートするために債務整理の無料相談を行っています。

ご相談の予約は、電話もしくは問合せフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。また、LINEの簡単予約も好評です!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です